第19話 今さら聞けないセーターですか?セータですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

キービジュアル

カタカタカタカタ

カタカタカタカタ

カタカタカタカタ

オヤジは、自分のノートPCのキーボードを叩いていた。

ここは池袋東口にあるコワーキングスペースtreeという場所だ。

コワーキングスペースとは、打ち合わせスペースや会議室、PC作業を行える仕事机が置いてあり場所によってシステムは様々だが30分から利用することができる仕事場である。

普段オフィス以外の場所で仕事をする場合、従来までは、カフェやファミレス、漫喫ぐらいしか仕事をするところがなかったのだが、コワーキングスペースが整備されてきたことによってサラリーマン問わず学生や主婦などもちょっと利用するようになった。

オヤジは、趣味で定期的にブログを更新しているのだが、いつも自分の部屋で書いているので飽きてしまい他の場所を探していたのである。

ある時は、ハンバーガーチェーンのバーガークイーンで作業をしたり、または、コーヒーチェーンのニューヨークコーヒーで自分のノートPCを持ち運んではブログを更新していた。

自宅部屋でいつものようにブログを更新していたオヤジは、ブログのネタも尽きてしまいネットサーフィンをしていた。

オヤジのプロフィールアイコン「あ~何かネタないかなー。」

 

オヤジのプロフィールアイコン「もう書くことないよ~。」

そんなことをぶつくさ言いながらネットニュースを読んでいると、ある記事が目に留まった。

貸し会議室・レンタルスペースの予約サイトのスパイシーが1時間500円からの空き会議室を貸し借りできるサービスを開始。

オヤジのプロフィールアイコン「何、これ?」

 

気になり始めたオヤジは、ニュース記事に掲載されていたスパイシーのリンクをクリックし内容を読み始めた。

どうやら、都内の各地域で1時間500円から利用できるコワーキングスペースが表示されていた。

オヤジのプロフィールアイコン「池袋あるかな~。池袋は」

 

と画面に表示された内容をスクロールしていくと、オヤジは大声で、

オヤジのプロフィールアイコン「あ、あった、1件あったぞ。」

 

叫び、急いでその先をクリックした。

クリックされた先に紹介されていたのは、JR池袋駅東口から徒歩10分ぐらいのところにあるtreeと呼ばれるコワーキングスペースだった。

しかも、利用料金は1時間450円と書いてあった。

オヤジのプロフィールアイコン「意外に近いじゃ~ないか。しかも、1時間450円って安。これならすぐにいけるぞ。試しにちょっと行ってくるかな。」

 

突然思い立ったオヤジはノートPCを閉じてかばんにしまいこみ、急いで東武東上線で池袋へと向かった。

その後、池袋駅に到着したオヤジは、スマホからマップアプリを立ち上げて目的地であるtreeに向かった。

無事に迷うことなくtreeが入っているビルに到着しエレベーターで2階にあがった。

到着すると受付の女性が、

「いらっしゃいませ。」

と素敵な笑顔で挨拶した。

オヤジは、

オヤジのプロフィールアイコン「こんにちは、スパイシーのサイトで見て来たんですけど、今日初めてでよくシステムがわからず。」

 

と即レスすると、

受付の女性がシステムについて丁寧に説明してくれた。

1時間450円で、4時間以上使うと1800円以上お値段が変わらないこと。

仕切りで区切られている個室は予約されている席なので利用はできないこと。

入り口近辺に置いてある瓶の中に入っているお菓子については、1個50円払えば食べることができるということ。

もちろんトイレはいつでも自由に使える。

電話も30分未満であればその場で利用できるということ。

もしそれ以上の場合は、電話用の個室があるのでその部屋で通話をすること。

それだけではなく、給湯室も完備されており、茶葉やコーヒーの粉が横に備え付けられていた。

受付の女性が一通り説明し終わると、オヤジは雰囲気に呑み込まれたのか迷わず、

オヤジのプロフィールアイコン「利用します!」

 

と答えた。

その後、番号が書かれた四角カードを手渡されたオヤジは、同じ番号が書いてある作業机に向かい座った。

オヤジのプロフィールアイコン「これならいつもと違った環境でゆったり作業できるぞ。」

 

そう思ったオヤジは座った直後は、少し興奮気味だったが、徐々に冷静になり、かばんの中から、電源アダプターを取り出し、コンセントに差込み、持ってきたノートPCに繋いだ。

ノートPCを開き、さっそく自分がコワーキングスペースで作業していることをブログに綴った。

オヤジのプロフィールアイコン「10月28日、今日は、池袋のコワーキングスペースでこのブログを更新しています。」

 

オヤジのプロフィールアイコン「いつもとは違う環境で書いているので、ちょっとドキドキしております。」

 

ブログ読者からするとそんなどーでもいいことを真剣に書きながら、いつの間にか、時間は夜になっていた。

無事に記事の投稿が完了し、今日の作業は終わったなと満足していた時に寒気がしてきた。

オヤジのプロフィールアイコン「ちょっと寒くなってきたな。何か着ようっと。」

 

と思い、かばんの中を探すと何も入っていなかった。

オヤジのプロフィールアイコン「あれ、いつもなら、こんな時のために、セーターを入れているはずなんだけど。なぜない?」

 

いくら探してもセーターは見つからない。

そんなことをしているうちにオヤジの頭の中にある疑問が浮かんできた。

オヤジのプロフィールアイコン「待てよ、そもそも、セーターってセーターなの?それともセータなの?改めて考えるとわからないなー。」

 

オヤジのプロフィールアイコン「う~ん、どっちなんだろう?」

 

頭の中で悶々としているうちに、隣に誰かが座った気配がする。

オヤジは、横をちらっと見た瞬間、

オヤジのプロフィールアイコン「ア、ア、アパレルさんじゃーないっすか!」

 

と驚いて大声で叫んでしまった。

突然のことで、周りからなんだあいつと白い目で見られながらもオヤジは続けた。

オヤジのプロフィールアイコン「何しているんですか?こんなところで?」

 

するとアパレルが、

アパレルのプロフィールアイコン「いいじゃん。僕だってコワーキングスペースでお仕事することあるんですよ。」

 

オヤジのプロフィールアイコン「そ、そ、そうなんですね。」

 

詰まりながら答えるのに精一杯だったオヤジ。

アパレルのプロフィールアイコン「ところでオヤジどうしたんだい?何か困ってそうな顔をしていたよ。」

 

オヤジのプロフィールアイコン「アパレルさん、実は、セーターかセータかどっちなのか悩んでいたんですよ。」

 

アパレルのプロフィールアイコン「なるほどね。確かに改めて考えると悩んでしまうかもしれないね。」

 

アパレルのプロフィールアイコン「よしわかった、教えてあげるよ。セーターかセータか。」

 

オヤジのプロフィールアイコン「本当ですか?いつもいつもありがとうございます。」

 

アパレルのプロフィールアイコン「で、セーターかセータかはセーターで最後は延ばすね。」

 

オヤジのプロフィールアイコン「なるほど、セーターと最後延ばすんですね。」

 

アパレルのプロフィールアイコン「そうそう。そうなんだ。じゃ、僕、もう作業入るんで。」

 

と言い残し、コワーキングスペース終了時間までなにやら作業をしているファッション戦士アパレルであった。

第19話 完

【今週のファッション用語まとめ】

セーターそれともセータどちらですか?
ずばりセーター。

【注意】
ファッション用語は学説、歴史などによる背景により、論理的かつ厳密な定義とは異なっている可能性がありますが、ここではアパレル業界で長年働いていた経験を元に独自の解説を行っております。

 

従って、日常、洋服を購入したり、着こなしたり、トークをしたりする分には、問題はないと考えておりますので、本エントリーをもとに、少しでも今後のファッションを楽しんでいただけたらと思います。

 

【解説してほしいファッション用語募集】
本ファッションマガジンは、解説してほしいファッション用語を募集しております。

 

なにかわからないファッション用語、解説してほしいファッション用語がありましたら、
本ブログのコメント
Twitter(@fashion_soldier)
Instagram(@fashion_soldier_apparel)
Facebook (ファッション戦士アパレル ページ)
にて募集お待ちしております。

 

今さら聞けないセットアップとはなんですか?
(次回配信予定日は2017年11月4日を予定しております。)

あ、最後に、運営からのちょっとしたお願い!
本ブログは、ファッション戦士アパレルは、ブログ村主催のブログランキングに参加しております。

 

もし、もし、本記事がお役に立てたら下の画像のタップお願いいたします!
今後のアパレルの活動の糧になります。

 

にほんブログ村 ファッションブログへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*