第17話 今さら聞けないジャンパー?ジャンバー?どっちですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オヤジのプロフィールアイコン「寒いよ~」

 

オヤジのプロフィールアイコン「寒いよ~」

 

オヤジのプロフィールアイコン「寒いよ~」

 

冷え切った身体でオヤジは雨に濡れながら歩いていた。

どうやらオヤジは東武東上線の終電を逃し川越街道と呼ばれている国道254号線を北上していた。

午前中、久しぶりに漫画を読みたくなったオヤジは池袋にある中部百貨店の本屋で買おうと思ったがそもそも住んでいる家が狭いので躊躇ってしまい、それではと久しぶりに漫画喫茶シャークに向かった。

東武東上線に乗り込み池袋に下りた後、何店舗かあるうちのサンシャイン側にあるお店に足を運んだ。

店内に入ってカウンターの受付を済ませ店員から告げられた部屋番号に向かった。

その途中にところ狭しと漫画が並んでいたが、まずは部屋に向かおうと思ったオヤジは、一直線に歩いていった。

部屋に到着して荷物を置き、PCに電源を入れるとしばらくぼーっとしていた。

OSが立ち上がった後、店内の設備をゆっくりみたいなーっと思ったオヤジは、部屋を出て散歩を始めた。

オヤジのプロフィールアイコン「相変わらず、たくさんの漫画あるな~。」

 

オヤジのプロフィールアイコン「これ読みたかった作品じゃん。」

 

オヤジのプロフィールアイコン「あ、これも。」

 

とたくさんの漫画を抱え込み、部屋に戻る途中の横に目をやるとオヤジは驚いた。

オヤジのプロフィールアイコン「え、今のネカフェってシャワールームもあるんだ。どれどれ。」

 

と大量の漫画を抱えているまま近づいた。

オヤジのプロフィールアイコン「なるほど!別途、料金かかるんだなー。知らなかった。」

 

自室に戻り大量の漫画を置いた後、今度は喉が渇いたようだ。

今度は、入り口付近に置いてあるドリンクバーに向かった。

到着するやいなや積みあがったコップから一個取り出して何を入れようか悩んだ。

オヤジのプロフィールアイコン「オレンジジュースにしようかな~。」

 

オヤジのプロフィールアイコン「コーラにしようかな~。」

 

オヤジのプロフィールアイコン「いやダイエット中だから午前の紅茶にしようかな~。」

 

と悩みに悩んだ末、

オヤジのプロフィールアイコン「これだな。」

 

と結果的に、健康ウーロン茶にした。

飲みもを出すボタンを押している最中に少し目を横にそらした瞬間、またもやオヤジはびっくりしてしまった。

オヤジのプロフィールアイコン「え、シャワールームだけじゃ~なくてソフトクリームまで食べられるの?しかも無料で!」

 

と大のソフトクリーム好きのオヤジは、ウーロン茶を注ぎ終わった後、そのまま横にスライドして、コーンを手にとりソフトクリームのレバーを下に倒して大量のソフトクリームをコーンの上に巻いた。

片手にウーロン茶ともう片方の手にはソフトクリームを持ちながら嬉しそうにオヤジは戻った。

両方の手が塞がっているので苦戦しながら部屋に入るとまずはウーロン茶をテーブルに置いて、ソフトクリームをゆっくりと食べ始めた。

オヤジのプロフィールアイコン「美味しいな~」

 

オヤジのプロフィールアイコン「止まらない~」

 

オヤジのプロフィールアイコン「う~」

 

と一人でぼそぼそと言いながらゆっくり食べていたのにもかかわらずいつの間にかコーンまで食べきってしまった。

少し喉が渇いたオヤジは少しウーロン茶を飲んだ後、今度こそ、ゆっくり漫画を読み初めた。

どのぐらいがたったのだろうか?

1時間?

2時間?

3時間?

いつの間にか時間が過ぎ去り部屋の中にもってきた漫画を全て読みきってしまった。

スマホをズボンのポケットから取り出し時計を確認すると夜の11時を過ぎていた。

オヤジのプロフィールアイコン「やばい、さすがにそろそろ帰らないと。」

 

と思ったオヤジは入り口に戻り受付の店員さんに延長料金を払ったお店を後にした。

午前中からソフトクリームとウーロン茶しか口にしていないオヤジはどうやらお腹が空いたらしく近くのハンバーグチェーン店のピーターパンに寄った。

さっそくテーブルについて急いでハンバーグを注文した後、食べ物が運ばれてくるまでスマホでゲームをして時間が過ごした。

このままゆっくりしていると終電を逃すと思ったオヤジは急いで熱々のハンバーグを完食し、店員さんにお金を払ってお店を出た。

その時、スマホの時計に目をやると夜中の12時を回ったいた。

オヤジのプロフィールアイコン「マジでやばい、このままだと終電を逃してしまう。」

 

太っているオヤジは歩いているのとさほど変わらない速度で走り、東武東上線の池袋駅に着いた時にはちょうど終電が行ってしまった後だった。

駅員さんから、

「今日の終電は終わりましたよ。」

と告げられ、タクシーに乗るお金もなかったオヤジは、しょうがないと諦めスマホの地図アプリを開きGPSをオンにしてゆっくり自宅へと向かった。

地図アプリの指示に従って池袋を北上したが細い道ばっかりで暗くて明かりもなく住宅しかなかったので歩いていてもつまらないと感じたオヤジは、地図アプリの経路案内を無視して川越街道と呼ばれている国道254号線を北上していた。

途中で小雨が振り出し、オヤジは凹んだ。

オヤジのプロフィールアイコン「うあ~、雨降ってきたよ~。」

 

オヤジのプロフィールアイコン「まじ最悪。」

 

オヤジのプロフィールアイコン「もっと早く出とけばよかった。」

 

そんなことを頭で繰り返し繰り返し言いながら家に向かっていた。

歩きが遅いでの一歩ずつ着実に家に近づいているのだがそれでもなかなか距離が縮まらなかった。

さすがに10月の夜中にもなると冷えてきたのだろうか日中暑かったオヤジは薄着のまま出てしまい、かつ、雨にも濡れているので急激に冷えてきた。

オヤジのプロフィールアイコン「寒い、寒い、寒いよ~」

 

オヤジのプロフィールアイコン「まじ風ひいちゃう。」

 

オヤジのプロフィールアイコン「誰か上着でも貸してくれないかな~。」

 

オヤジのプロフィールアイコン「せめてジャンバーだけでも。」

 

と思いを巡らしている時にあることが気になった。

オヤジのプロフィールアイコン「あれ、ジャンバー?ジャンパー?どっちだっけ?」

 

オヤジのプロフィールアイコン「確か、小さい時、おばあちゃんやおじいちゃんには、ジャンバーと言われたような気がするんだけど。」

 

と悩んでスマホの検索アプリを立ち上げたいが、今は、地図アプリを開いているため、もしこの場で検索をかけてしまうと迷子になってしまう。

オヤジのプロフィールアイコン「畜生、こういう時に音声で反応するハードデバイスがあれば便利なのになー。」

 

ぼやくオヤジ。

そんなことを気にしているうちに、後ろから

アパレルのプロフィールアイコン「はぁ~、はぁ~、はぁ~」

 

とおそらく走っている人が近づいてきていることがなんとなく気配で感じた。

オヤジのプロフィールアイコン「あ、後ろから走ってきている人がいる。邪魔しないように端によけよう。」

 

そう思った矢先に、その走っている人が横を通りすぎようとした瞬間、突然、

アパレルのプロフィールアイコン「よ!」

 

と声をかけてきた。

突然の声かけにびっくりしたオヤジは横を振り向くとさらに驚いた。

オヤジのプロフィールアイコン「ア、ア、アパレルさんじゃ~ないっすか!」

 

アパレルのプロフィールアイコン「オヤジ、久しぶり!こんな夜中にどうしたの?」

 

オヤジのプロフィールアイコン「どうしたんじゃーないっすよ。終電を逃して歩いて自宅まで帰っているんですよ。アパレルさんこそ何をやっているんですか?」

 

アパレルのプロフィールアイコン「あ、俺ね。俺は、ランニングをしているんだよ。朝が弱いから。こうして定期的にランしてかる~く汗を流しているんだ。」

&nsbp;

と深夜にもかかわらず素敵なトーンで話すアパレル。

そこには疲れが見えなかった。と言っても、マスクをしながら走っているので表情はそもそもわからないが。

アパレルのプロフィールアイコン「にしても、雨に打たれているとはいえ、なにやら重い表情をしてどうしたんだい?」

 

オヤジのプロフィールアイコン「実はですね、ちょっと悩んでいることがありまして。」

 

アパレルのプロフィールアイコン「なんだい、なんだい、教えてよ。」

 

オヤジのプロフィールアイコン「この年になって恥ずかしいですけど、上着のジャンバーってあるじゃないですか?あれって正確にはジャンバーなのか、ジャンパーなのかどっちなのかわからなくなって。」

 

オヤジのプロフィールアイコン「昔のことを思い出していたらジャンバーだと思っていたんですけど。」

 

アパレルのプロフィールアイコン「ふむふむ、なるほどね」

 

うなずくアパレル。

アパレルのプロフィールアイコン「ジャンパー?ジャンバー?どっちですか?という質問だが正解は、ジャンパーだよ。」

 

オヤジのプロフィールアイコン「なるほど、ジャンパーですね。」

 

アパレルのプロフィールアイコン「そうそう。ジャンパー?ジャンバー?どっちですか?答えは、ジャンパーだよ。」

 

納得するオヤジとその歩行速度に落としながらゆっくり走るアパレルはお互い横に並びながらオヤジの過去の話をしながらオヤジは自宅まで帰ったとさ。

第17話 完

【今週のファッション用語まとめ】

ジャンパー?ジャンバー?どっちですか?
ずばりジャンパーです。

【注意】
ファッション用語は学説、歴史などによる背景により、論理的かつ厳密な定義とは異なっている可能性がありますが、ここではアパレル業界で長年働いていた経験を元に独自の解説を行っております。

 

従って、日常、洋服を購入したり、着こなしたり、トークをしたりする分には、問題はないと考えておりますので、本エントリーをもとに、少しでも今後のファッションを楽しんでいただけたらと思います。

 

【解説してほしいファッション用語募集】
本ファッションマガジンは、解説してほしいファッション用語を募集しております。

 

なにかわからないファッション用語、解説してほしいファッション用語がありましたら、
本ブログのコメント
Twitter(@fashion_soldier)
Instagram(@fashion_soldier_apparel)
Facebook (ファッション戦士アパレル ページ)
にて募集お待ちしております。

 

今さら聞けないベストとは何ですか?
(次回配信予定日は2017年10月21日を予定しております。)

あ、最後に、運営からのちょっとしたお願い!
本ブログは、ファッション戦士アパレルは、ブログ村主催のブログランキングに参加しております。

 

もし、もし、本記事がお役に立てたら下の画像のタップお願いいたします!
今後のアパレルの活動の糧になります。

 

にほんブログ村 ファッションブログへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*